常設展示室

森 鴎外 日本の明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、陸軍軍医、官僚。

写真:森 鴎外
写真提供:文京区立森鴎外記念館

森 鴎外(もり おうがい)… 1862-1922

小説家。本名林太郎[りんたろう]。石見国(島根県)津和野町生まれ。
東大医学部を卒業後、陸軍に入省。ドイツ留学後、創作・評論など文学活動を行う。
1899(明治32)年6月から2年10か月、第十二師団軍医部長として小倉で勤務。後、陸軍軍医総監、帝室博物館長。小倉時代のことは「鶏」「独身」「二人の友」に描かれる。
代表作に「舞姫」「雁」「阿部一族」「高瀬舟」「渋江抽斎」など。

※一部の日本語環境で表示できないため、「鴎」を新字で表記しています。

ページトップへ