企画展

落椿―杉田久女・橋本多佳子―展(同時開催:北九州と3.11、そして熊本地震)

チラシ画像

1 「落椿 ―杉田久女・橋本多佳子― 展」

毎年3月に行われる「全国俳句大会in北九州~久女を育み、多佳子を生んだ俳句の地~」に合わせ、本市ゆかりの俳句作家である杉田久女と橋本多佳子の企画展を開催します。

1 開催期間

平成29年3月1日(水)~平成29年4月9日(日)35日間(休館日除く)

※月曜日休館 ただし3/20は開館、翌日休館

2 会場

北九州市立文学館1F企画展示室(小倉北区城内4-1)

3 観覧料

無料

4 展示内容

杉田久女、橋本多佳子による掛け軸、色紙、短冊、句稿など直筆資料

杉田久女の俳句「足袋つぐやノラともならず教師妻」をモチーフにした人形(中村哆佳子制作)

櫓山荘模型

橋本多佳子が書斎などで使用した遺愛品、着物

5 その他

・3月中の毎週土曜日14時から、学芸員による展示解説を行う。申込不要。

・平成29年3月5日に、全国俳句大会会場と文学館・小倉城・小倉城庭園の間を周遊バスが運行し、大会参加者、関係者等が本展を観覧する予定。

2 「北九州と3.11、そして熊本地震」

現在も続く北九州市の復興支援の様子や、震災について書かれた文学を紹介することで、あらためて未曾有の大災害について考える企画展です。全国文学館協議会 共同展示「3.11 文学館からのメッセージ」の一環として開催します。

 

1 開催期間

平成29年3月1日(水)~平成29年3月31日(金)27日間(休館日除)

※月曜日休館 ただし3/20は開館、翌日休館

2 会場

北九州市立文学館1F企画展示室(小倉北区城内4-1)

3 協力

釜石市、北九州市危機管理室

4 観覧料

無料

5 展示内容

   ・北九州市が行ってきた被災地支援について(北九州市危機管理室)

           釜石市、熊本での支援事業の様子を写真パネル20枚程度で紹介する。

・震災後の文学の紹介

書籍約100冊に加え、北九州ゆかりの作家が書いた3.11について紹介する。

6 関連イベント

○講演会

日時:平成29年3月4日(土)14:00~15:00

演題:釜石の今~復興はどこまで進んでいるか~

講師:釜石市復興推進本部事務局長(総合政策課長)佐々木勝氏

場所:北九州市立文学館 1階交流ステージ

定員:60名 (電話申込、先着順)

 

【チラシ】PDFファイルダウンロード(745.63 kB)

【開館時間】 9:30~18:00(入館は17:30まで)

【お問合せ】 北九州市立文学館  tel: 093-571-1505 fax:093-571-1525

イベントレポート

企画展 アーカイブ

報告・レポート

ページトップへ