常設展示室

横山 白虹

写真:横山 白虹

横山 白虹(よこやまはっこう)… 1899-1983

俳人。本名健夫[たけお]。
東京市本郷生れ。
評論家横山健堂の長男。1917(大正6)年、一高に入学、一高詩会を設立。24年、九大医学部を卒業、九大俳句会を設立。吉岡禅寺洞の「天の川」に参加して編集を担当。34年、小倉市で開業、37年、新情緒主義を掲げて「自鳴鐘[とけい]」を創刊。同誌は戦後「自鳴鐘[じめいしょう]」として復刊。63年、北九州文化連盟を創設。現代俳句協会会長を6期務めた。句集『海堡[かいほう]』『空港』など。

展示品・収蔵品

収蔵品一覧

学芸員だより

ページトップへ