常設展示室

多岐川 恭

写真:多岐川 恭
写真提供:朝日新聞社

多岐川 恭(たきがわ きょう)… 1917-1994

小説家。本名松尾舜吉[まつおしゅんきち]。
八幡生まれ。
旧制八幡中学校卒業。東大経済学部卒業。毎日新聞西部本社に勤務の傍ら白家太郎[しらがたろう]の筆名で小説の執筆を始める。1953(昭和28)年、「宝石」の短編懸賞で「みかん山」が佳作入選。58年、『氷柱[つらら]』の刊行を機に筆名を改める。同年、『濡れた心』で第4回江戸川乱歩賞受賞、第一短編集『落ちる』で第40回直木賞を受賞する。以後、推理小説、時代小説、SFなど幅広い分野で活躍する。

展示品・収蔵品

収蔵品一覧

学芸員だより

ページトップへ