常設展示室

火野 葦平

写真:火野 葦平

火野 葦平(ひの あしへい)… 1906-1960

小説家。本名玉井勝則[たまいかつのり]。
若松の石炭仲仕業の家に生まれる。
早稲田大学中退。
旧制小倉中学在学時から投稿を始め、1938(昭和13)年、中国戦線従軍中、「糞尿譚」第6回芥川賞を受賞。その後、「麦と兵隊」などの兵隊三部作で一躍流行作家となる。戦後は一時公職追放されたが、「花と龍」「革命前後」など精力的な創作活動を続けた。「九州文学」の中心的存在であった。自宅「河伯洞」で自殺。芸術院賞受賞。

展示品・収蔵品

収蔵品一覧

ページトップへ