常設展示室

林 芙美子

写真:林 芙美子
写真提供:新宿歴史博物館

林 芙美子(はやし ふみこ)… 1903-1951

小説家。本名フミ子。
門司生まれ(下関生誕説あり)。
幼少の頃、若松本町に住む。尾道高等女学校を卒業後上京、職を転々としながら詩を書き始める。1930(昭和5)年、「放浪記」がベストセラーとなる。のち単身渡仏、帰国後は新進女流作家としての地位を確立。戦争をはさんで47歳で急逝するまで、市井の人々を描き続け、流行作家の頂点に立った。代表作に「晩菊」「浮雲」「めし」など。

展示品・収蔵品

収蔵品一覧

ページトップへ