常設展示室

杉田 久女

写真:杉田 久女

杉田 久女(すぎた ひさじょ)… 1890-1946

俳人。本名ひさ(久)。鹿児島県生まれ。
1909(明治42)年、旧制小倉中学校の図画教諭杉田宇内と結婚し、小倉に転居。以後亡くなるまで住む。17年、「ホトトギス」に投句が初掲載されたのをきっかけに、女性俳句の草分け的存在として活躍。その句は高浜虚子から「清艶高華[せいえんこうか]」と評される。32年、俳誌「花衣」を創刊、同年、「ホトトギス」の同人となるが36年、同人「削除」。52年『杉田久女』句集。

展示品・収蔵品

収蔵品一覧

ページトップへ