お知らせ

2014年06月04日 カテゴリー:

林芙美子文学賞の創設について

 24回にわたり実施した北九州市自分史文学賞を発展・継承させ、林芙美子文学賞を今年度から実施します。

北九州ゆかりの作家・林芙美子は、生涯を通じ庶民に寄り添いながら、現役の作家として創作を続け、多くの優れた作品を遺しました。

そのことにちなみ、人材育成と北九州の文学的土壌を全国発信することを目指す文学賞を創設します。

  林芙美子写真1

ヨーロッパから帰国後転居した林芙美子。

下落合の洋館にて(昭和7年ごろ)

 

◆ 募集内容

(1)オリジナル未発表作品

(2)テーマ及びジャンルは不問

(3)原稿用紙50枚以内の日本語で書かれたもの

◆ 応募受付期間

 平成26年8月1日(金)~平成26年9月30日(火)

  第1回 林芙美子文学賞募集要項(クリックして下さい)

 ◆ 選考委員

  井上荒野、角田光代、川上未映子(敬称略) 

◆ 

大賞1編/賞金100万円及び「婦人公論」(中央公論新社)への掲載

佳作2編以内(作品応募、選考状況による)

 ◆ 協 力

  株式会社 中央公論新社

  ◆ お問合せ

北九州市立文学館 tel :093-571-1505

 ・第1次選考員公募のお知らせ

北九州市立文学館では、今年度新たに創設する林芙美子文学賞を実施するにあたり、第一次選考に「公募選考員」の枠を設け、広く市民から募集します。

詳しくは、こちらをご覧ください。

お知らせ アーカイブ

ページトップへ