学芸員だより

杉田 久女 レポート一覧

2015年01月23日 

久女忌

1月21日(水)、小倉北区の円通寺で久女忌が行われました。 俳人・杉田久女は昭和21年1月21日、入院先の太宰府で亡くなりました。 今日の人気とは逆に、戦後間もない中のたいへん寂しい死だったと言います。 久女忌は、毎年こ […]

続きを読む

2014年03月20日 

色紙「菊枕」

陰暦九月九日は重陽(ちょうよう)の節句。新暦では毎年、十月二十日前後にあたるそうだ。古来、重陽には菊が愛(め)でられてきた。菊花を浮かべた杯を酌みかわし、長寿を祝う。菊の露を飲んで不老不死を得た中国・周代の仙童、菊慈童( […]

続きを読む

2014年03月20日 

俳誌「花衣」

花衣(はなごろも)ぬぐやまつはる紐いろいろ 大正から昭和初期に活躍した女性俳人・杉田久女の代表句である。 「花衣」は花見に用いた着物を指す春の季語。花見が果て、帰宅した女性が姿見の前にたたずむ。脱衣の際、滑り落ちる紐の色 […]

続きを読む

作家について

作家に関する最新記事

ページトップへ