企画展

花衣 俳人 杉田久女

終了しました

チラシ画像

俳人杉田久女は、大正時代から昭和初期にかけ、小倉の地より女性俳句の草分けとして活躍しました。
まだ、女性が俳句を詠むことが珍しかった時代。「ホトトギス」主宰の高濱虚子から「男子の模倣を許さぬ特別の位置に立つ」と激賞され、瞬く間に才能を開花させます。
〈写生〉という方法に徹底的な美意識をくぐらせた佳句を生む一方、表現者としての自我は常に家庭や周囲との軋轢を引き起こしました。
敬愛する師からの拒絶――孤独な死と伝説…。
本展では、新公開を含む約150点の資料から、俳句作家杉田久女の光と影、その魅力をご紹介します。

【チラシ】PDFファイルダウンロード()

日程:2011年11月3日(木・祝)~12月25日(日)まで
場所:北九州市立文学館1階企画展示室
開館時間:月曜日~金曜日/午前9時30分~午後7時(入館は閉館30分前まで)
       土曜・日曜・祝日/午前9時30分~午後6時(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日
観覧料金:一般400円、中高生200円、小学生100円
協力:石太郎氏、杉田重男氏、増田連氏、久女・多佳子の会、圓通寺、
    かごしま近代文学館、田辺聖子文学館、英彦山神宮
協賛:スターフライヤー
お問合せ 北九州市立文学館  tel: 093-571-1505 fax:093-571-1525

イベントレポート

企画展 アーカイブ

報告・レポート

ページトップへ