学芸員だより

2015年06月28日

MY favorite SOSEKI 2

おかげさまにて、夏目漱石展は好評のうち無事に閉幕を迎えることができました。

ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

引き続き、会場に寄せられたお気に入りの一冊をご紹介します。

 

◇「吾輩は猫である」

漱石の家の猫である黒猫が主役で、家のみまもりをしてくれるところをマンガで読んだらけっこう面白くていける。(塔崎弘幸さん 40代)

 

◇「吾輩は猫である」

猫が見つめる人間の日常のユーモアにひかれ。(窪田太郎さん 30代)

 

◇「私の個人主義」

個の意味を群に向けた言葉は何十年、何百年経ても生きている言葉だと思う。青春時代にこの本に出会えたらラッキー。(堀由美子さん 30代)

 

◇「坊っちゃん」

愛媛にいたときに知りました。(平田栄一さん 62歳)

 

◇「倫敦塔」

漱石の実際の体験がもとになっていて、ロンドンについたばかりの漱石の不安な精神状態が作品からも伝わってきて面白いです。(20代)

 

◇「坊っちゃん」

なんとも主人公のキャラクターが魅力的ですし、ストーリーも実に痛快で好きです。(時枝祐子さん 40代)

 

◇「それから」

30代無職男(高等遊民)の、卑俗な世間、社会を小馬鹿にする言動が痛快ですが、敢え無く現実に捉えられ、目の前が真っ赤に染まるラストシーンが圧巻でした。超現実的な描写です。米映画「卒業」の明治日本バージョンのようでした。繊細な心の機微の揺れを表現した文章に打ちのめされました…(久留米の爪切りさん 30代)

 

◇「こころ」

そんなに読んではいないが「こころ」は記憶に残っている。そこまでつきつめて思っていることはできないだろう。若い時の衝撃でした。(村橋玲子さん 60代)

 

◇「こころ」

永遠の名作です。(野田正子さん 60代)

 

◇「三四郎」

当時としてはお金に関して斬新な考え方で、青春の描写がよく書けている。(津田敏子さん 70代)

 

◇「それから」

東京は坂の街…「それから」を読みながら主人公・代助と下町を共に歩いているよう。その景色の中で代助の人間としての苦悩がかなしくせまる。(一色ユリ子さん 74歳)

 

◇「文鳥」

水浴び、エサをついばむ際にたてる音を可愛く表現していて好き。いつも思い出す。

 

◇「夢十夜」

発想の自由さと描写の精密さはどもまでも「新しい」漱石の魅力を教えてくれました。(中富節子さん 60代)

 

3に続きます。

作家について

ページトップへ