学芸員だより

2014年04月02日 カテゴリー:

「林芙美子資料目録」について

林芙美子資料目録 発行:新宿歴史博物館 (平成26年3月)

林芙美子資料目録
発行:新宿歴史博物館
(平成26年3月)

この目録は、北九州市立文学館、新宿歴史博物館、かごしま近代文学館、尾道市の林芙美子資料をまとめて掲載したものです。(編集はそれぞれの館が行いました。)

昨年度、この4者で協働開催した企画展「生誕110年林芙美子展-風も吹くなり 雲も光るなり-」の成果物としての目録です。

あわせて5,000点あまりの資料が掲載されています。

当館は、「原稿・草稿」、「手帳・メモ帳」、「書簡」、「絵画・美術品」、「遺愛品」、「書籍・雑誌」が主な所蔵資料です。特に、書簡類は約600点所蔵しています。

川端康成、平林たい子、河上徹太郎、今日出海、芹沢光治良など交流のあった作家からの書簡をはじめ、山本実彦(改造社編集長)、松尾邦之助(読売新聞記者)、楠山義太郎(毎日新聞記者)などパリで交流のあった人々からの書簡などがあります。

林芙美子の主要な資料が、一冊にまとめられた貴重な目録です。

*注意*

販売はしておりませんが、閲覧は可能です。(※事前にお申し出が必要になります。詳細はHP内の「ご利用案内」のなかの「収蔵資料の特別利用」の項目をご覧ください。)

 

作家について

ページトップへ