学芸員だより

2016年06月07日

リリー・フランキーさんの自筆原稿を展示しています

小倉北区出身の、リリー・フランキーさんの小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の自筆原稿(650枚)を、文学館2階常設展示室に展示しています。 原稿は昨年度、「ブンガク最前線―北九州発」にあわせてご寄贈いただい […]

続きを読む

2015年06月28日

MY favorite SOSEKI 3

◇「虞美人草」 30年余前の学生時代に10数回読みましたが一度として同じ感想を持ったことがなく、以来、漱石といえば「虞美人草」。(平塚みつゑさん 50代)   ◇「吾輩は猫である」「坊っちゃん」 「坊っちゃん」 […]

続きを読む

2015年06月28日

MY favorite SOSEKI 2

おかげさまにて、夏目漱石展は好評のうち無事に閉幕を迎えることができました。 ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました。 引き続き、会場に寄せられたお気に入りの一冊をご紹介します。   ◇「吾輩は猫 […]

続きを読む

2015年06月14日

MY favorite SOSEKI 1

漱石展会場でお寄せいただいた皆さんのお気に入りの1冊をご紹介します。 ◇「こころ」 涙がでてとまりませんでした。ずいぶん前によみ、又読んでみたいと思います。(石松興子さん 60代)   ◇「こころ」 何度も読み […]

続きを読む

2015年04月12日

岩下俊作忌

4月12日(日)、八幡東区の高炉台公園の文学碑前で「岩下俊作忌」が行われました。岩下は、小倉を舞台にした『富島松五郎伝』(「無法松の一生」として映画化)で知られるゆかりの作家です。 若葉が目にまぶしい陽気のなか、献酒や小 […]

続きを読む

作家について

ページトップへ